TiMax Tracker

Timax Tracker(以下TT)はウルトラワイドバンド(以下UWB)無線通信を利用してステージ上やイベントアリーナ上のパフォーマーの位置を検出し、3次元で自動追尾するシステムです。さらにTTはTimax2 SoundHubのディレイマトリクスをコントロールし、パフォーマーのマイクの音像をパフォーマーの位置にリアルタイムに追従させます。また、TTシステムではTiMaxオーディオマトリクスが形成する3Dオーディオ・パノラマのエリア内で、パフォーマーやアニマトロニクス、舞台装置等の動きに効果音を追従させることも可能です。Timax Trackerのリアルタイム・ショーコントロール出力は照明装置やビデオサーバー等の外部装置をコントロールすることも可能です。 TiMax TrackerのマルチセンサーUWB位置検知システムは、従来からのRFIDやWiFiと比べ、特に過酷な状況下においても圧倒的な高精度(15cm以下)かつ優れた応答性、高信頼性を誇ります。 TTタグは、ステージの周囲に設置されたTTセンサーに向けて、免許が不要な6-8GHzのレーダー帯域のUWBパルスを発信します。TTタグの位置は、Angle of Arrival(AOA:到来角)とTime Difference of Arrival(TDOA:到達時間差)という2つの方式を組み合わせた測定方法で算出されます。TiMax Trackerは、UWBパルスに含まれる幅広い周波数の信号と2つの方式の位置測定方法の組み合わせにより、単一周波数の搬送波を用いたRTLSシステムに比べて、マルチパス干渉によるエラーの影響を受けにくくなっています。

特徴

  • オーディオ及びショーコントロールをレーダーにより制御
  • 複数のパフォーマーを3D空間において自動追尾
  • UWBによる比類なきトラッキング精度と速度
  • パフォーマーの音声はステージ上のパフォーマーを自動追尾
  • 聞き取りやすさの向上によりドラマチックな演出を可能にします
  • オペレーター不要のリアルタイム・ディレイ・イメージング
  • 屋内、野外のあらゆるサイズの会場に対応可能

システム構成

  • パフォーマーが身に着ける、バッテリー駆動の小型のTT タグ
  • パフォーマンスエリアの周囲に設置され、TTタグからの信号を受信するTTセンサー
  • センサーからの情報を分析し、ステージ上を移動するパフォーマーをアニメーションで表示し、Timax オーディオ・マトリクス(又は他の機器)にコントロールデータを送出する、TTソフトウェアプラットフォーム