LFVLFC
VLFC
特徴

◆13-30Hzの超低音を再生

◆1100-LFCとの組み合わせ、更に低域を拡張

アプリケーション

◆スタジアム、アリーナ

◆シネマ、ポストプロダクション

◆テーマパーク

◆研究用途

  • 仕様
  • 概要
  • オプション
  • 周波数特性

    ドライバー構成


    入力コネクター

    インピーダンス


    アンプ


    電源

    連続消費電流量(>10sec)

    サイズ

    サイズ(リギング付)

    質量

    質量(リギング付)

    :13Hz-30Hz ±4dB

    :LF 2×18インチコーンドライバー×2


    : 3ピンまたは5ピンXLR F/M(ループ出力付)

    :10KΩ


    :2チャンネルMOSFET (Class AB/H)


    :AC208-235VAC ,50/60Hz

    : 10.5A rms(230V AC)

    :W1397 H521 D533mm

    :W1397 H521 D533mm

    :135.2Kg

    :150.7Kg


  • VLFCはMeyer Sound製品内で最も低い周波数を再生するコントロールエレメントです

    サブソニック体感を要する大規模なコンサートツアリング、映画、テーマパーク等のアプリケーションに最適です。

    サブウーファ1100-LFCと組み合わせ、低域を更に拡張します、VLFCは13hz-30Hzの超低域を受け持ち、リスナーにこれまでにないサブソニックを体感させます。


    構成は18インチコーンドライバーが2基搭載され、内蔵アンプはコンプリメンタリーパワーMOSFET出力段をもつクラスAB/Hの2チャンネル構成で、余裕のある連続出力とピークパワーをドライバーに供給します


    RMSリモートモニタリングシステムがWindows、またはMACのコンピューター上でシステムパラメーターの包括的な監視を行います。


    VLFCのキャビネットは、積層合板製で黒色テクスチャー塗装仕上が施されています。また黒色金属メッシュグリルが取り付けられ、内部のドライバーを守ります。オプションで、防滴仕様、カスタムカラー仕上げなどがあります。


  • MCF-1100

    ◆MCF-1100  キャスターフレーム

    VLFCを3台スタックした状態で移動可能です







    MTG-1100

    ◆MTG-1100 フライングトップグリッド

    リグ付きのVLFCを最大14台まで吊ることができます(安全率5:1)





Earth-Shaking Low End
大地を震撼させる超低音
Meyer Sound史上、最も低い周波数を再生するコントロールエレメント VLFC

13Hz-30Hzの超低域を再生し、これによりリスナーに今までにないサウンドを体感させます


空気を動かす

VLFCに搭載されたデュアルの18インチコーンドライバーは、リスナーが息をのむような振動音を発生させます。

スタジアムから映画館、テーマパークまで、低域強化必要なアプリケーションにVLFCを追加してください。



ツアリングソリューション
Meyer Sound LEO ファミリーパワーズ ”Metallica” スタジアムツアー

私たちはMeyer Sound VLFCをスペシャルエフェクトとして使用し、リスナーに耳で聞くよりも身体での体感を創ります。

それは多くの大気を動かし、リスナーは間違いなくそれを実感することができます

Metallica FOHエンジニア

Bic Mic Hughes



VLFCの開発

最初のバージョンはアメリカ航空宇宙局『NASA』で、振動の実験をするために開発されました。

それらを映画、コンサートの現場で使用することはできないかと私たちは考え、研究を継続したものがVLFCです。

大々的なブラインドチェックをする為、劇場で幾度となくテストを繰り返してきました。15Hz-30Hzの1オクターブを追加することでリスナーの心理的レスポンスは明らかに変わります。

メイヤーサウンド President & CEO

John Meyer