LF

低域コントロールエレメント一覧

Meyer Sound 低域コントロールエレメントは全てセルフパワード方式で構成され、スタジアムクラスのツアリングから設備向け小型ソリューション、シネマサウンドサブウーファまで様々なラインナップがあります。

Metallica スタジアムツアーにて"VLFC"を使用

”VLFC” ベリーローフレケンシーコントロールエレメント


Metallica World Wired TourにおいてMeyer Soundの新型”VLFC”が使用されています。

VLFCは13Hz-30Hzをドライブし、超低域に1オクターブ追加、これにより今までにないサウンドを『体感』させます。

Meyer Sound LEOファミリーのフラグシップであるLEOを始め、LYON1100-LFCVLFCUPQ-1P等をGalileo GALAXYでプロセッシング、巨大スタジアムのコンサートサウンドをMeyer Soundが支えます。

Meyer Sound Cinema EXP

"X-800C"シネマサブウーファ


Meyer SoundのEXP Cinemaシリーズ X-800CはシネマサウンドのLFEチャンネルを再生するのに適したセルフパワードサブウーファです