BEAMSB-2
orange
特徴

◆ 4インチコーンドライバー×28+4インチコンプレッションドライバーを搭載

◆画期的なパラボラリック方式で超ロングスロー

◆130Hz~18KHzの周波数特性


アプリケーション

◆スタジアム、アリーナ

◆空港などの大規模施設アナウンス

◆エリア分けを要するPAシステム


  • 仕様
  • 概要
  • オプション
  • 周波数特性

    位相特性

    最大音圧

    クロスオーバー


    指向角度




    ドライバー構成



    入力コネクター

    インピーダンス


    アンプ


    電源コネクタ

    電源

    連続消費電流量(>10sec)


    サイズ

    質量

    :130Hz-18KHz -6dB

    :400Hz-11KHz ±35°

    :143dB @1m

    :1500Hz


    :円錐20°(1KHz-16KHz)

    :円錐40°(at 500Hz)

    :円錐90°(at 250Hz)


    :LF 4インチコーンドライバー ×28

    :HF 4インチコンプレッションドライバー


    :3ピンXLR F/M(ループ出力付)

    :10KΩ


    :2チャンネルMOSFET (Class AB/H)


    :ツイストロック

    :自動選択AC85-134VAC or AC208-235VAC ,50/60Hz

    :8.0 rms(115V AC) ;4.0A rms(230V AC) ;10.0A rms(100V AC)


    :W1180 H1111 D793mm

    :115.2Kg

  • SB-2はパラボラ形状によって20°の挟角に指向性コントロールされたセルフパワードスピーカーです。大規模でかつ限定エリアに対してのページングや、超ロングスローを要するコンサート等に対応します。


    従来の天井高12mを超える大型施設ではシーリングスピーカーやクラスタースピーカーでは残響や明瞭度等で多くの問題を起こしていましたが、SB2では、これらの問題に対してユニークかつ効果的なソリューションを提供します。 20°の非常にタイトなカバレッジに対して出力するので、重複回避する能力が非常に高く、個々のエリアに対してフルレンジサウンドをカバーします。 SB-2は高域には特性のウェブガイドホーン、低域には多数の4インチユニットをパラボラ形状内に適切に配置し、500Hz~16KHzの周波数においてこの指向性に対応します。周波数特性においては130Hz まで拡張されています。


    SB-2は28個の4インチコーンドライバと、1つの4インチコンプレッションドライバーによって構成され、それらは1240W MOSFETパワーアンプによって適切にドライブされます。


  • purple

    ◆MYA-SB2 マウンティングヨーク

    前後自由に角度をつけられるフライングヨークです。また、ヨーク同士を左右に連結することができます。


        

Solutions

navy

超長距離でのPAや大型会場でのピンポイントのアナウンスなど、狭角指向性でロングスロー活かしたセッティングなど