CREATERMServer
orange
特徴

◆セルフパワードスピーカー用ネットワークシステム

◆遠方のスピーカーシステムの状態を監視

◆アンプの入力レベル、リミッター動作、パワーアウトプット

◆温度、ファンとドライバーの状態をリアルタイム表示

◆スピーカーIDナンバーは自動的に設定

◆スピーカー配置位置を画面上に表示可能

◆Compass起動時以外にもメールで監視状況通知

アプリケーション

◆スタジアム、コンサートホール、劇場設備

◆シネマ、テーマパーク設備

◆ツアリング

  • 仕様
  • 概要
  • オプション
  • 入力


    出力



    RMSネットワーク



    イーサネットワーク






    マウントオプション



    電源コネクタ

    電源

    最大消費電力

    サイズ

    質量

    :Phoenix 6ピン(オス)外部ミュート送る制御信号を受信する2つのオプト入力

    :Phoenix 6ピン(オス)外部ミュートまたは、エラーレポートのためのリレークロージャー/オープン


    :コンパスソフトウェアにて(最大50台)、アンプのすべての動作パラメータを表示 データ速度78Kbpsシリアルバス


    :MacまたはWindowsからネットワーク接続およびオンボードWebサーバーの制御用のRJ-45ポート。 MeyerSound社のCompassコントロールソフトウェアとの完全な双方向通信をクライアント/サーバー内で実現。 IPv4とIPv6を同時サポート。 IEEE802,802.3準拠。

    1つのMACアドレス


    : 取外し可能スペーサー含む、 オプションでラックマウントキット、ウォーツマウントキット


    :パワコン20

    :AC100-240VAC ,50/60Hz

    :30W

    :W216 H44 D184 mm

    :1.7Kg

  • 完全に最適化


    すべてのスピーカーの正確なステータスと、時間軸による電力量をレポートします



    パワフルシステムコンポーネンツ


    RMServeはコンパクトなハードウェアで、CompassソフトウェアおよびRMSモジュールを搭載したスピーカーに対してシンプルで使いやすいリモート環境を提供します。



    システム全体の監視

    簡単にシステム全体、コントロール ソロまたはグループで任意のスピーカーを検索して、パワーアンプ、ドライバー、リミッター、冷却、および異常警告をリアルタイム に伝えます。



    Eメールでの通知


    RMServer では、Compassソフトウェアが実行されていない場合でもシステムが監視され、システムに問題があればメール ・ アラートにより異常を知らせます



    RMSモジュール


    RMSモジュールは、RMServeにリンクし、Compassソフトウェアに状況をレポートします。これらのRMSモジュールはMeyerSoundセルフパワードスピーカーに付随、又はオーダーにより搭載可能です。


    拡張アップグレード


    各RMServeは最大50台のスピーカーを監視します、また、RMSシステム未対応機でもネットワークハードウェアとソフトウェアをアップグレード可能です(一部器具を除く)



Solutions