Galileo GALAXY

ネットワークプラットフォーム

Galileo GALAXY info

Galileo GALAXY 408 spec sheet

Galileo GALAXY 816

Galileo GALAXY 816-AES3 spec sheet

ネットワーク変革が証明されたオーディオプロセッシング

初めての完全ネットワーク対応スピーカープロセッサー

Galileo GALAXY は、複数ゾーンでスピーカーシステムを駆動し調整するオーディオコントロールの新たなレベルを拡張するためにAVB 技術を利用します。それはツアーから映画館までアプリケーション全範囲で、EQ補正と微調整のためのパワフルなツールを提供します。

業界最高値のプロセッサー

Galileoの細心に設計されたアルゴリズムを踏まえ、Galileo GALAXYは新たなクロスオーバーディレイマトリックス機能と改善されたディレイインテグレーションを加えながらもユーザー好みの5バンドU-ShapingとパラメトリックEQを含むプロセッシングツールを保持しています。ニーズに合わせた異なる構成の3つのバージョンをご利用いただけます。

何ものにも劣らないサウンドパフォーマンス

最大64ビットの解像度で新世代FPGAベースのプロセッシングはダイナミックレンジの広がり、低いノイズフロア、および0.6msアナログインアウト超低レイテンシー提供します。

AVBネットワークのシンプルさを発見

Galileo GALAXYは、ネットワークオーディオルーティングの再構成、システム拡張、またAVB対応のネットワーク基盤との統合にかかわらず、よりスマートかつ迅速に作業することができます。すべてのオーディオとコントロールデータは、1つのネットワークケーブルでつながります。

パワフルでかつ簡単にオーディオを管理

改善されたディレイインテグレーション

迅速な調整ツール、異なる製品ファミリーから複数のスピーカー要素を組み合わせ、簡単にコヒーレント加算を確保するために、それらの位相特性を一致させることができます。

新たなディレイマトリックス

内蔵のサミングマトリックスは、複数の出力のためにすべてのクロスポイントで迅速にアサインしかつ容易にゲインを調整させるだけでなく、新たな内臓ディレイマトリックスですべてのクロスポイントにおいてディレイタイムを設定できます。

 

ワードクロックインプット、CRESTRON®と簡単統合

外部ワードクロックインプット(AES3版)は、タイムセンシティブや重要な同期アプリケーションに最適です。クレストロン・コントローラとの統合は、単純にテキストコマンドで行うことができます。

シームレスなユーザーのための直観的なインターフェイス

ラップトップでのCompassコントロールまたはiPadでのCompass GoでEQを調整できます。両方のグラフィックインターフェイスはオーディオ管理をたやすくするために長年のユーザーインプットを反映します。

Copyright(C)2017

All Rights Reserved