ULTRAMJF-208
orange
特徴

◆ 8インチコーンドライバー×2+3インチコンプレッションドライバーを搭載したハイパワーステージモニター

◆小型軽量でアンプ内蔵によりスペース節約

◆ステージへの視線を妨げない薄型キャビネット

◆広い垂直カバーエリアを持ちステージ前方やステージ後方に自由に移動可

◆高いピークパワーが優れたトランジェント再生を約束

◆フラットな周波数特性と位相特性が生み出す高いハウリングマージン

アプリケーション

◆小~中規模ステージ、小規模シアター

◆メインボーカル及びバンドモニター

◆スペース重視のポータブルモニター

  • 仕様
  • 概要
  • オプション
  • 周波数特性

    位相特性

    クロスオーバー

    指向角度


    ドライバー構成



    入力コネクター

    インピーダンス


    アンプ


    電源コネクタ

    電源

    連続消費電流量(>10sec)

    サイズ

    質量

    :55Hz-18KHz ±4dB

    :230Hz-16KHz ±45°

    :960Hz

    :水平70°垂直50°


    :LF 2×8インチコーンドライバー

    :HF 3インチコンプレッションドライバー


    :5ピン又は3ピンXLR F/M(ループ出力付)

    :10KΩ


    3チャンネル(Class-D)


    :パワコン20 (ループ出力付)

    :AC100-240VAC ,50/60Hz

    :1.4 rms(115V AC) ;0.8A rms(230V AC) ;1.7A rms(100V AC)


    :W474 H322 D472mm

    :21.3Kg


  • コンパクトステージモニター、MJF-208は、十分な低域ヘッドルームを持ち、高出力レベルでも明瞭度の高いサウンドを忠実に再生します。

    小型軽量のキャビネットは、上位機種であるMJF-212AやMJF-210ほど出力が必要でない場合の、最小ステージモニターとして理想的です。


    MeyerSoundのステージモニターは3機種とも全てセルフパワードで、簡易セットアップと操作性により常に一貫したサウンドを提供します。外付けアンプが必要ない分、搬送トラックに占めるスペースは僅かですみます。


    MJF-208は50Hz-18kHzの帯域で位相補正されたフラットな周波数特性を持つため、ハウリングマージンを大きく確保でき、高出力時でも低歪みで"色づけされない"ナチュラルな音質を維持します。

    MJF-208の高耐久バスレフキャビネットには、ハイパワーな8インチロングエスカーション低域ドライバーが2基搭載され、高域には3インチコンプレッションドライバーと定指向性ホーンに統合されています。低域ドライバーは優れたパターンコントロールと指向性を提供、L/Rのモニター構成を必要としません。

    水平70°、垂直50°ホーンは水平カバーエリアを維持したままパフォーマーに左右の移動を自由にさせ最適なモニタリングを確保します。

    スピーカフロント面はステージ面に対して35°の傾斜角度をもち、背丈の低いキャビネット構造で、ステージへの視界を維持します。


    ドライバーは3チャンネルのクラスDアンプにより駆動されます。Intelligent AC電源は自動的に電圧選択し、EMIフィルタリング、突入電流防止機能を提供します。

    オプションのRMSリモートモニタリングシステムはMacまたはWindowsコンピューターからスピーカーのパラメーターを包括的に監視する機能を提供します。オプションのXLR-5ピンのコネクターにより、RMSとバランスオーディオ信号を送信する複合ケーブルが使用可能です。


    樺材積層合板製のキャビネットは黒色テクスチャー塗装仕上げで、振動による位置ずれを防止するため、底面にはゴム製ストリップを貼付してあります。ドライバーを保護する音響用黒色メッシュグリル付です。



Solutions
navy