750-LFC

超小型低域コントロールエレメント

750-LFC info

750-LFC spec sheet

優れた低域ヘッドルーム

LINAとの理想的な組み合わせ

750-LFCの非常にコンパクトな低域コントロールエレメントは、優れた低域ヘッドルームによりLINAのローエンドを効果的に補います。コンパクトなキャビネットのパワー対サイズ比を誇る750-LFCは、LINAの理想的で多目的な組み合わせです。また、ULTRAシステムを補完することも可能です。

新しく改善されたアンプ

新たに設計されたD級アンプは、そのサイズに比類のないパワーを提供し、シグナルプロセッシングと共に、750-LFCが明瞭度、パンチ力、極端に少ない歪みで大きな出力の連続再生でも再現することを保証します。

小型、軽量、拡張可能

750-LFCはMeyer Soundが賞を受賞した900-LFC低域コントロールエレメントと同じ音のリニア性をより小さく軽いキャビネットで提供します、ツアーや企業向け、または会場設備に適した拡張可能なシステムを構築するのに理想的です。

ローエンドのサポート

多様な用途でコンパクトなコントロール

ツアーや企業向け、クラブ、劇場、礼拝堂、またはテーマパークなどの固定設置用に適したな低域コントロール

 

ウルトラシリーズとの連携

LINAシステムとの組み合わせに加えて、750-LFCはMeyer SoundのULTRAシリーズスピーカーと一体化し、1〜2つのスピーカーをサポートするポールマウントを備えています。 LINAと750-LFCは、MeyerSoundのGalileo GALAXYスピーカーマネジメントシステムによって駆動することができます。このシステムは、さまざまな用途に対応するために、音場の均一化とクリエイティブなチューニングのための強力なツールセットです。

セルフパワードの利点

セルフパワーテクノロジーにより、アンプラック、長いスピーカーケーブル、およびゲインとクロスオーバ設定が不要になります。 このシステムは、数分で組み立てられ、準備ができます。

精度のために合理化されたワークフロー

MAPP XT音響予測プログラムにより、ユーザーは非常に正確なシステム構成を設計できます。さらに、オプションのRMSリモートモニタリングは、システムパフォーマンスのリアルタイムモニターを合理化します。

Copyright(C)2017

All Rights Reserved